ここ最近の花久ライブは、ご存知の通り、セルフ音響プロデュースに挑戦をしております。というか花久以外のインストア等も、何とか頑張って食らいついてってる感じです。

まあ、トラブルは常で^^; その都度テンパります(笑) 訳わからんノイズとか発生したら自分で何とかするしかないし、何とかできなけりゃ、ノイズのまライブやるけどやっぱりそれなりのライブになる。責任は自分。大いに勉強もさせていただいています。

フリーライブだろうが関係なく音にこだわるのは、私が超音フェチだっていう事が一番だとは思いますが、歌の表現って半分は音の表現だと思うし、別の言い方で言えば、音が残念だと表現したいものが台無しになるからです。これズバリです。

そんな訳で、今回も会場入りし、ピアノの位置を決め、機材セッティングして、サウンドメイキングに入りました。私の場合は、いつも同じ曲音源を3、4曲使い、まずはハコ鳴りのイコライジングします。同じ曲を使うのは違いがわかりやすいから。
今回は午前中はけっこう湿度が上がってたのもあるのか、前回4月の時のセッティング状態の保存を呼び出して、そこから作り始めましたが、まるで全然噛み合ってなくて、びっくり。こんなに違うのか!・・・と。

音の芯が掴めなくて、全体的にモヤモヤしてて響きもまばらで、どう手をつけたらいいのか解らず。ずーっと格闘してました。音がまるで「梅雨の憂鬱」ですわ・・(うまい)

花久の里は古民家のリノベーションで、木の柔らかい響きがとても素敵な場所です。壁はきっと漆喰で吸湿性もすごそうなので、ハコ鳴りはもしかしたら変わりやすいのかも。
リノベーションされる時に、クラシックの室内楽を前提に、余韻の長さも1.7秒(確か)に調整されたと聞きました。マイクやスピーカーを通す前提の仕様では無いんだと思います。私がこの場所でライブを始めた当初から、本当に掴みどころの無い、なかなか掴めないハコだなと常々思わされてきたのがそこです。

どんな音を出すべきか、色々考えてきました。例えば・・
ここのグランドピアノ、比較的大きい(長い)ものが置かれているので、生音だけでも結構な音量が出るんです。だからいっそピアノはマイク取りをしないで、ピアノの自然の生音に合わせて、ボーカルの音だけを作っていくのはどうか?
でもそうすると、自分的には、ピアノとボーカルのサウンドの混ざりをイマイチコントロール出来ずに、一体感が出ずで、ピンと来なかった。これは本当に「好み」の問題なのかもしれないです。
20曲近く一人で演奏していく2時間ほどのステージで、見た目はシンプルに歌とピアノの弾き語りだけど、実は曲によって出したいFX(効果)が違ったりするので、やっぱりメイキングにはPAを通すことが必要かなという結論に至ってます。

シンプルにピアノの音だけだからこそ、メリハリをつけていきたいし、曲によって表現したい世界があります。

まあ、やっぱり理想っていうのは、遂げたい目的だし、持ち続けなければと!!(まじめでございます)

そんな訳で今回かなり悩みながら音を作ってやっとリハーサルに入り、全体の調整をしていったのですが。ど〜うしても、ノイマンのコンデンサーマイク(電源48vが必要なやつ)が暴れて、いつものような深くて芯のある音が出ず。とにかくモワモワして高周波がキーンてしてたり。そこまで時間かけて作ったけど、、本番もまた迫ってきてたので、思い切ってマイクをゼンハイザーのダイナミックにチェンジ。(ちょい半泣きながら 笑)

また1からマイクの音作り。もう、だんだん耳が変になってきてて(更にちょい泣き)何がいいのか解らなくなりはじめて。半笑い状態ー(逆に) www

しかし。今回はめちゃくちゃ力強い、音響Sound Rockyさんのサポートが。訳わからんくなってた私の耳の代わりに、外音を聴いてくださり、いい感じで、まとまりました!!本番中もiPadで調整してくださったので、本当に!!救世主!!です。

・・・ってここまでが本番前。

今回は、何となくサウンドメイキングについてをメインで記録したいなあと思いました。
(ブログだし。Facebookじゃあちょっと書けないよね・・書けないようなものをここに書く!)

そして本番は、もう作り上げてきたものを全身全霊で出すだけですー!
結果的にはすごく「花久GARDENらしい」サウンドになったのではないかな、と思ってます^^
サロンの2面全体のカーテンも開放し、まさに花久の里ガーデンの中の音楽会を楽しむひととき。ましてやこの花が咲き乱れる素敵な季節。観客の皆さんには申し訳ないのですが歌いながら実は、ちょいちょい背景側の、美しいガーデンに密かに浸っています。(けっこう外から手振ってくれるんですよ。)

移ろう季節を感じながら音楽に浸るって最高ですよね。季節感を曲に挿し込むのが大好きな私にとっても、歌うのが本当に最高な場所です。

リクエストの「駅」では、予告通り。テンパりながら、必死で楽しみました。
マジ震えが、止まらん〜!(ついMCで自白。)

2022.6.12 花久の里 GARDEN LIVE VOL.9

1. Dear my friend (新曲)
2. small world
3. 雨音
4. what a wonderful world (request)
5. rainy garden
6. 白い色は恋人の色 (request)
7. リセット

ex# 会場request – 五番街のマリーへ

8. prelude no.3 (新曲)
9. penny lane (cover)
10. 大地のうた
11. 蒼い森 (新曲)
12. 駅 (request)
13. oh, lala
14. hands〜大きな手から、小さな手へ〜
——
ex.1 空に星があるように
ex.2 素直な気持ちで

木村秀生 巨匠から。やり切った感がすごいな。我ながら。

CMです!

お越しくださった、阿久津実さん、6/20に還暦記念のCDリリース♫
「Keep Smiling」なんと息子さんであるドラマー阿久津光正さんプロデュース。

看板には「Keep your Social Distance」て書いてあるけど・・・^^
「距離をとっても、笑っていこう!」って事か (^-^)/

One Love.


おすすめ

3件のコメント

  1. コンテンツに、このページ(ライブ&イベント)が無いので、このページを
    御存知無い方がいると思います。スマホの画面も同様です。
    コンテンツに当該ページを追加した方が良いと思います。

    1. ご心配いただきありがとうございます。
      実はメインページの1番上にのスライド写真部分がブログリンクになっています!
      タイトル部分をクリックするとブログが見れます。

      一応ブログメインの作りになってるつもりなんですが、ちょっとわかりにくいんですよね。

      wordpressでテンプレート使っておりまして、細かいところをいじることがまだ、知識不足で出来ません。
      もう少し頑張ります。

  2. 早速のご回答ありがとうございます。

    先日、メインページの写真をクリックしてもブログ画面に移行せず、
    偶々タイトル部分をクリックしたらブログ画面に移行しました。

    ※明後日開催予定の70年代フォークソングの巨匠、阿久津さんの
     CDデビュー記念ライブ楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。